愛情のある教育と愛情のない教育の違い

子供の頃、両親や学校の先生にこっぴどく怒られた経験のある人もいるのではないでしょうか。
正直、何もわからない子供のころって親が口うるさいとか、先生が厳しいから嫌いだとか、そういった感情は誰にでもあったと思います。
しかし大人になればほとんどの人が、それは愛のある教育だったという事に気づくと思います。
部屋を散らかしていたり、宿題をしていなかったら両親からガミガミと注意をされます。
子供の頃って、部屋を散らかす事が悪い事だと思っていない上に、宿題よりも遊びたいという気持ちに負けてしまいがちです。
しかし、なぜ親や先生がそのような事を厳しく注意していたかというと、それは嫌がらせでも意地悪でもなんでもなく、将来の事を思って言ってくれている愛情の教育であるといえます。
大人になってだらしない人間になってしまっては、苦しくなるのは自分自身です。
そのような大人になってほしくないから、きちんと間違った事を指摘してくれる親や先生はとてもいい人です。
自分に否があると自覚のある場合に人から叱られた時は、自分の為だと思って胸に刻むべきです。