怒鳴る事と叱る事の教育の違いとは

誰でも人から怒鳴られたり叱られたりするのはいい気分にはなりませんよね。
とくに、自分が何か失敗や過ちを犯してしまった上で叱られるのはとても胸に響きますよね。
しかしそれはとてもいい教育方法だと言えます。
自分の間違いを指摘される事で、自分の考えを改める事ができたり反省したりする機会も作れます。
叱っているのは本当に間違えた事をしたからで、その人の為を思って叱っているのだと思います。
しかし、中には叱っているようでただ怒鳴っているだけの人もいます。
例えば、自分にそこまでの否がないにも関わらず、相手の機嫌や状況によって人にあたりちらして怒鳴る人は、間違えた教育方法と言えるでしょう。
怒鳴られた本人は、動揺してしまいますし、自分の何がいけなかったのかと理解に苦しみ、最悪の場合は人間不信に陥ってしまう事もあります。
理不尽に怒鳴る事はいい教育方法とは言えず、それはただ自分のストレスを相手に当てつけているだけです。
しっかりと本人の為を思って叱る人は、人を陥れる状態にさせる事はまずありません。